イギリスのデイリーメールによると、現時点では、米国の発明は、

イギリスのデイリーメールによると、現時点では、米国の発明は、ライフル銃の照準器としてあなたのiPhoneを使用する、ことを報告しました。 これは、射手は、iPhoneを移動せずに、ターゲットを撮影フォーカス対象がラウンドビジョンを取得することができます、気象条件を取得する光景としてあなたのiPhoneを使用することができ、「Inteliscope適応システム」と呼ばれています。 エルメス iphone7ケース このアイダホ同社は現在、予約価格の約$ 69.95を提供しています6月に販売を開始する予定で、銃器のアクセサリーを発明しました。 Inteliscope適応システムは銃器のいずれかのタイプにiPhoneiPodに取り付けることができ、設計者はジェイソンです - キーティング(ジェイソンGidding)、彼はまた、ガラス管腔の多機能タッチスクリーンのキーボードとタッチパッドを設計しました。 iPhone7ケース これは、このデバイスと報告しかつなる高強度プラスチック、ゴムスリーブを使用する、完了するまでに10週間で設計されています。これは、内蔵の5倍デジタルズーム、視力、GPSマップとコンパスを持っています。 エルメスiPhone 6ケース風速と方向:同時に、それはまた、などの気象条件を表示することができます。 シューターまた、ビデオ録画や内蔵タイマ時限撮影を使用してビデオ再生。 シリコンiPhone7ケース月曜日に米国上院「問い合わせの恒久的な委員会」からアップル回避嵐は、レポート40を発表しました。報告書は、アイルランドの税金の抜け穴のAppleの使用、2009年から2012年の間、Appleのデザインと呼ばれる合理的な税金の絶妙なと言って、税金で数十億ドルを回避することを考えています。 超人気iphone7ケース アイルランドの比較的低い税率は、Appleが伝えられる交渉され、特に後に、数百億になり、複雑な海洋構造物やルールの一連の再利用後、2%未満にアイルランドの税率を軽減する一方、米国法人税率は、35%であり、 $のグローバル売上高は、ここに移しました。アイルランドの当局者は、拒否された12.5%の税率を主張を主張し、米国は小さなアテンダントとして機能しないと述べています。 エルメスマフラー調査が楽器であることをまだ持っている、非協力的な態度が行われました。 アイルランドは、多国籍企業による地方税政策は歓迎されている方法を示す、アイルランドのオフショアへのGoogleマイクロブログ)、中国の売上高の前に、本当に不思議な場所です。 超人気iphone7ケースでも公式はそれがあったか最後に言うことができなかったので、しかし、1つだけのネットワークリンクのアイルランドのアップルワールドワイド回避のがあるかもしれません。これまでのところ。 シリコンiPhone7ケースアイルランド、米国上院およびビューは非常に矛盾、矛盾しています。 米国Appleは、このような補助金のために主にiPhoneiPadを通じ、欧州オペレーションセンターの回避行動の実装としてりんごの国際オペレーションセンター、物流センター、、として、確立されたアイルランドのコーク市に少数の用紙企業を使用することを開始しました租税回避を実現するように、これらの企業は、その後、収益はアイルランドに転送され、後に特許権方法を取ります。 iPhone6ケース シャネル風アイルランドの側は、Appleがそれはアイルランドの税法に関連付けられていない、アイルランドアイルランドで、これらの企業ではなく、経営権を設定することを考えています。その後、ロイターの記者ジン郭とディアオちゃが、寒さに1リンゴアイルランドで設立された会社が、ドアを取る、それだけで雇わ地元の人々が動作状態の道を好きではないようです。 iphone7ケース 租税回避の目的を達成するための最初の米国では、米国の税の抜け穴のAppleの使用、グローバルな所得移転アイルランドいくつかの企業に:これまで誰もが完全に説明を理解していないが、一般的に、これがあると思われることができ、Appleの複雑な租税構造、そしてその後、アイルランドの課税を回避するために、分岐アイルランドの実体が、ルクセンブルグやイギリス諸島および他の低税地域の管理の抜け穴を巧みに利用し、最終的に唯一の実体は、アイルランドルクセンブルグ事務管理の他の場所に子会社を保持しているため、脆弱性権は、賃金率の最小値を達成するために。